広島大学
文部科学省令和4(2022)年度ユネスコ活動補助金 SDGs達成の担い手育成(ESD)推進事業

広島SDGsコンソーシアム

2022.10.29 ミステリー手法による授業づくりワークショップ—小学校授業教材づくりー

 

開催日時

2022年10月29日(土)13:00―15:30@広島大学教育学部 B105 異文化間教育セミナー室

SDGs,ESD,教師教育などに関心のある学生,教員,どなたでもご参加いただけます。奮ってご参加ください。(定員:20名)

2022年10月29日(土)13:00―15:30@広島大学教育学部 B105 異文化間教育セミナー室

講師のプロフィール

講師:高橋敬子先生
環境教育/ESDコーディネイター、環境カウンセラー(市民部門)、立教大学社会学部 特定課題研究員、上智大学地球環境学研究科 非常勤講師、立教大学ESD研究所 特任研究員、としまちプロジェクト運営協議会 副会長)

【プロフィール】
環境NGO、高等教育機関、研究機関等で、自然、地球、社会に関連する環境問題をさまざまな角度や立場から学ぶ。それらの経験を生かし、会報誌の編集、ポスター・チラシ等の作成、各種イベント(絵画・作文コンクール、研修ツアー等)、ワークショップ、セミナー、シンポジウムの企画・運営や、海外での環境絵本の作成等を行う。
2006年に環境NPOを設立し、豊島区池袋で、地元の方たちと一緒に、「ずっと住み続けたいまち」をつくるために、さまざまな企画(コミュニティカフェやおさんぽマップ、環境イベント等)を考え、実施。その中で、芸術作家、研究者、クリエイター、ミュージシャン、ガーデナー等の方々とコラボレーションしながら、常に斬新で楽しい教育を目指す。2014年より日本・海外の気候変動教育の研究・実践を行っている。
これまでの研究や実践に基づく環境教育・ESD を多くの方に届けたいと思い、未来のためのESDデザイン研究所-ESD for FUTURE-を2020年5月30日に立ち上げる。

高橋先生の詳しいプロフィールはこちら

参加申込方法

申し込みはこちら